有限会社 三共

小さいながらも、どこにも負けない企業に
  • プロフィール

    山田 裕史(やまだ ひろし)さん
    津別町出身
    代表取締役社長
    モットー:「ネバーギブアップ=絶対に負けない、諦めない」
  • 一生懸命、社会に貢献できる製品を

    「目的をひとつに、みんなで仲良くやって、社会に貢献できる製品を作っていこう」ということを共通認識として目指しています。せっかく海外から運んできた木なので無駄にせずきちんと活かした上で、みんなで“いいもの”を作っていこうと話しています。そうすれば、必ずお客さんにも喜ばれると信じて社員一同みんなで頑張っています。
  • 祖父の時代から続く事業を受け継ぐ決意

    元々、札幌でサラリーマンをやっていました。当時の社長である父親が高齢となり、今後、会社をどうしていくかを決める時期でした。そこで私に声がかかり、祖父の時代から続けてきた事業を自分が引き継ごうと決め帰ってきました。お客様との営業取引は私が一人でやっています。サラリーマン時代は、大手ゼネコン担当の営業をやっていましたが、それまでの仕事内容とは違い最初は戸惑いましたが、この仕事は面白いですね。
  • 折り箱には多種多様な素材・形があります

    折り箱はお弁当の種類によって素材はいろいろあります。ファルカタ材にエゾ松を貼り合わせることが多いのですが、その厚さも2~6mmと幅があり、表面に紙を貼り合わせる物から、両面にエゾ松を貼り合わせる物まであります。もちろん、大きさや形も仕様はさまざまです。中に入れる物や質量を考慮して、お客様の要望やご予算に合わせた提案をしています。
  • メッセージ

    強い会社にしていこうと従業員みんなで協力して頑張っています。長く働いてくれる方、お待ちしております。
  • 令和3年3月4日取材